家相の源は、古代中国に発祥し、わが国には七世紀頃に百済の僧侶によって伝えられたという。 その後大宝律令、延喜式などによって陰陽博士が設けられ、加茂家、土御門家、幸徳家などの諸家が 天文、暦とともに家相、地層学を世襲的に承け継いだ。現在では家相地相について様々な意見があるが、 下の図は、一般的にわれわれが家相を見る上では十分と思われるが、尚詳しく調べたい場合は当神社までお問い合わせ下さい。 然しながら、完全に家相の良い家を建てることは先づ不可能に近く、又、凶相であるとして立て替えること も容易でない。このような場合、家の良し悪しを忘れてしまうのが一番よいが、それもむづかしい時は、神事 を執り行って貰い安泰を祈念するのも一つの方法であろう。神道では祓い清めることによって、罪穢れが 消え去り、凶が吉に変わるとされており、春祈祷などで家中のお祓いをするのもそのためです。又、いくら 良い家相であっても、昔の人は、不浄や乱雑であれば、吉が凶に変わるといっている。